多汗症の社会人が生活する上で大変だったことをまとめてみました。

こんにちは、togiwa(@togiwa3)です。

多汗症という言葉をご存知でしょうか?

多汗症とは・・・交感神経が失調し、体温上昇とは関係なくエクリン腺よりが過剰に放出される疾患である。

引用:Wikipedia

通常の人よりも汗をかく場合は多汗症かもしれません。

実は僕も多汗症です。症状としては

・手汗・足汗がすごい
・冬の時期でも背中に大量の汗をかく
・電車に乗ると額から汗が止まらない

というふうにとても汗に困っています。

今回は、多汗症あるあるといいますか、多汗症の人にとって生活が困難だったことについて書いていきたいと思います。

また僕の経験則ですがどのように汗対策しているのかについても書きたいと思います。

暑い時期は地獄

夏といった気温が高い時期は多汗症の人にとってとても苦しい時間です。

気温が高いともちろん人間は汗をかきやすくなります。

多汗症の人はそれ以上に汗をかきます。

僕が去年の夏に研修で同期に言われました。

 

???
シャワーでも浴びてきたの?

 

togiwa
汗が止まらないんじゃ!

 

顔全体に大量の汗をかくので、タオルは必須でした。

なんでこんなにも汗をかくのか自分でも悩んでいましたね。。

Tシャツの替えを持っていく

 

これ、すごくないですか??

綺麗にリュック汗の跡が背中に付いているんですよね。(笑)

そう、夏の時期は替えのTシャツを持っていかなければなりません。

僕が研修の時にYシャツで通勤していたときは、汗はあまり目立ちませんが、中に着ていたTシャツ汗でめちゃくちゃ濡れていたので、会社に着いたらトイレで着替えていました。

 

多汗症は辛いね。。。

居酒屋の座敷は怖い

サラリーマンにもなると同僚や上司など会社の飲み会をする機会が多くなります。もちろん友達や気になっているあの子との飲み会もそうです。

多汗症になると飲み会でまず気になるのは座敷なのかどうかです。

座敷になると当然、靴を脱がなければいけません。

靴を脱ぐと靴下が露出状態になりますが、その靴下に汗が滲んでいることがよくあります。

僕は前に赤い靴下を履いて座敷タイプの居酒屋さんに行きましたが、つま先の部分が汗まみれになっていて恥ずかしい思いをした経験があります。

 

togiwa
座敷タイプにはあまり行きたくないなぁ...

 

プリントがくしゃくしゃ

授業やテストなどプリントが配られますよね。その紙に色々書くわけですが、当然手と髪が接触してしまうので手汗をかいていると紙が湿ってしまいにはクシャクシャになるときがあります。

重症の人は紙が濡れすぎて破れたりすることも...!

逆に多汗症の人は常に手が湿っていることが多いので、プリントをめくりやすいのは唯一良かったかなと思いますね。。

重度な多汗症の方もいる

引用:多汗症の俺が本気で手汗を出してみたぞ(アセアセの実チャンネル)

中には重度な多汗症の方もいらっしゃいます。

 

最初は手汗をかいていない様子を見受けれられますが数分経つと。。。

 

手を洗ったかのように手のひらに水が溜まっているのが分かります。

こんな重度だったら生活が大変だと想像ができると思います。

この動画を出した方は、手術も考えていたそうですが、代償性発汗という胸や背中により汗をかいてしまうリスクがあるので悩んでいるそうです。

汗対策はどうしたら良い?

では一体汗を防止するにはどうしたら良いのでしょうか?

汗をかいたらタオルで拭く習慣を付ける

汗をかいたら吸収性の高いタオルなどで拭きましょう。

ハンカチも良いと思いますがタオルの方が拭ける面積も大きいし、水分を吸収しやすいのでカバンの中に1つ入れておくのもいいかと思います。

特に僕は背中に汗をかきやすいタイプなのでタオルの方が拭きやすいという点もあります。

途中で涼む(夏限定)

夏といった暑い時期はすぐに汗をかきますので、間でコンビニやお店などの冷房の効いた涼しい場所で涼んでいく時間を作るのは大きかったです。

涼しい場所で汗が退くのを待って、外に出るとだいぶマシになります。

制汗剤・ハンドクリームを付ける

どうしてもひどいときは制汗剤やハンドクリームを出かける前につけた方が良いと思います。

モノによっては汗をかく前・汗をかいた後などの使用タイミングが異なるのがありますので、それは商品を実際に見て確認してみましょう。

 

5本指ソックスを履く

ゆるみとやぶれ防止加工5本指ソックス

足の指の間は一番汗が溜まりやすい場所とも言われています。

しっかり汗を吸収するには五本指ソックスがオススメです。汗だけでなく匂いも抑えることができます。

五本指靴下を履くのは恥ずかしいと言う方は重ね履きをして隠すというのもあります。

 

まとめ

今回は多汗症が生活する上で大変だったことについてまとめて最後に汗対策について述べました。

あまりにもひどいようなら病院に行って相談するのが一番ですね。

自分で少しでも対策ができそうなら、上で挙げたものを参考にするだけでも効果は変わってくると思います。

少しでも汗を改善して、生活をより良いものになれれば良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:togiwa IT企業勤務の社会人2年目。 最近、自分が「内向型人間」だと気づき社会人向いていないなと感じています。 「個人で稼ぐ力」を身につけるためにブログ運営を行っています。 ラーメンと猫とロック系の音楽が好きです。