歯列矯正中に付けるゴムかけが面倒だけどあるアイテムを使ったら簡単だった。

こんにちは、歯列矯正1年目になるtogiwa(@togiwa3)です。

歯列矯正をしていて、なかなか歯が動かなかったときや、より歯を早く動かそうとするときにゴムかけをします。

しかし、そのゴムかけが「めちゃくちゃ面倒」です。(笑)

歯にゴムをかけるときに、とても時間がかかったり、付けようとすると取れちゃったりなど。。。

しかし、歯医者さんにもらったあるアイテムを使うことで簡単に早く取り付けることができました。

ゴムかけとは?

歯列矯正中の一定期間だけ行われるものです。

ゴムの力を利用して、歯をより早く動かすことができます。

基本的には1日18時間以上付けないと効果が見られないので、ご飯や歯磨きする時以外は常時付けています。

歯にゴムを付けていると、喋りにくかったり、ご飯を食べるときは外して、食べ終わった後に歯磨きをしてまた付けるという手間がかかります。

歯につけるゴムとは??

このような可愛いキャラクター袋の中にゴムが入っています。(他にも何種類かキャラがあるらしい)

袋の中を開けてみると大量のゴムが入っています。

今回けっこうゴムを使っているので、最初はもっと入っています。(笑)

1つ取り出してみた

これだけだとどのくらいの大きさか分からないので、定規と比べてみました。

直径で1cmないくらいですね。

輪ゴムと比べるとすごく小さいです。

スポンサーリンク

万能アイテム紹介

手でゴムをひっかけるより、こちらのアイテムを使うと付けやすくなります。

このアイテムは、「プラスター」と呼び、プラスチックでできています。

このように先端にゴムを引っ掛けて、歯に引っ掛かるようなところがあるので、そこに取り付けます。

手でやってたときは、なかなか歯に引っ掛からずすごく手間がかかりましたが、このアイテムを使うことで数秒で取り付けることができました!

まとめ

今回は、歯列矯正中に付けるゴムかけが面倒な件について紹介しました。

今までは手で頑張って付けていましたが、アイテム使った方が、何倍も早く取り付けることができました。

歯医者さんでも無料で貰えると思いますし、Amazonでも売っていました!

「プラスター」と検索すれば出てくると思います。

手でゴムをかけている方がいたら是非プラスターを使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:togiwa IT企業勤務の社会人2年目。 最近、自分が「内向型人間」だと気づき社会人向いていないなと感じています。 「個人で稼ぐ力」を身につけるためにブログ運営を行っています。 ラーメンと猫とロック系の音楽が好きです。