毎朝6:00にシャキッと起きて眠気を覚ます7つの方法をまとめてみました。

こんにちは、togiwa(@togiwa3)です。

あなたは会社がある日はいつも何時に起床していますか?

会社から家が近いと朝の時間にゆとりを持つことができますが、家から遠いと早く起床しないといけません。

僕もそうです。

家から職場まではDoor to Doorで片道1時間30分かかるので、毎朝6:00には起床しています。

職場まで遠いと時間がかかるのでもちろん朝早く起きないといけません。

最初の頃は朝起きるのが辛くてお布団からなかなか出られないこともありました。

 

togiwa
ぽやしみ〜(_ _).。o○

 

どうしたらスッキリ目覚められるのかなとネットの記事や意識高いYouTuberの方を参考して自分なりに色々と試した結果、早起きがそこまで苦にならなくなりました。

今回はシャキッと眠気を覚ます方法について時系列にご紹介したいと思います。

起床のアラームが鳴ったらとりあえず立ち上がる

ここが一番の立ちはばかる壁です。

この壁を乗り切らないと意味がありません。

目覚ましが鳴ったらまずは体を起こしましょう。

目覚ましを押してそこでぬくぬくしてたらどんどん自分に甘えていきます。(経験談)

 

togiwa
あと5分だけ寝よう!泣

 

こうならないように完全に起きる体勢になりましょう。

伸びをする

まずは起きて立ったら手を上に伸ばして体を伸ばします。

このときつま先立ちになって伸びした方が良いです。(身長も数ミリ伸びるとか!?)

この時期は寒さで体が縮こまりやすいので、是非身体を伸ばして目覚めましょう。

日光を浴びる

次に窓を開けて日光を浴びます。

日光を浴びることで体内時計がリセットし、1日のスタートだと身体が覚えます。

日光が目に入ることでセロトニンという物質が分泌し覚醒作用をもたらします。

冷たい水で顔を洗う

とりあえず部屋から出たら洗面所に向かって顔を洗います。

僕は冷水で顔を洗いますが、医学的にはぬるま湯が良いとされています。

 

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20190426-OKT8T146303/

温水や冷水だと肌に刺激を与えて、保湿成分や油分が飛んでしまうそうです。

洗顔クリームをつけて顔を洗うとシャキッと目が覚めてきます。

 

↓国産のフェイスケアセット↓

白湯を飲む

洗顔をした後は体を温めるために白湯を飲んでいます。

白湯は胃腸や内臓などを温め、基礎代謝を上げる効果があります。

僕は朝お腹の調子がよく悪くなるので白湯を飲んでいますが、今のところ調子が良いです。

腸内環境も整えてくれてメリットが多いです。

音楽を聴く

寝巻きから着替える時に音楽を流しています。

朝だからなるべくハイテンションになるような音楽をかけて自分の士気を高めています。

YouTubeで「朝 音楽」と調べるとたくさん出てくるので是非。

どうしても眠いときはカフェイン摂取

これはどうしても眠いときにするのですが、カフェインを摂取します。

具体的にはコーヒーやカフェイン入りのミントカプセルなどです。

カフェインには利尿作用があるのでなるべく摂取はしたくありませんが、その代わり覚醒作用があるし毎日コーヒーを3杯飲むと長生きするそうです。

 

togiwa
そんな飲めないわ!(笑)

 

こういうツッコミをしたくありますが海外の研究で明らかになったそうです。

まずは1杯だけでもコーヒーを飲んで目を覚まし1日をスタートさせましょう。

またコーヒーや朝食を摂ったら必ず歯磨きはしてくださいね。(口臭がすごいことになるので)

まとめ


↓睡眠の質が気になる方はこちら↓



今回は僕が朝シャキッと起きるために行っていることを時系列順で紹介しました。

まず目覚ましが鳴ったら必ず起きることは前提なので、しっかり起きましょう。

僕は昔は夜型人間でしたが、社会人になってから自然と朝型人間になって、規則正しい生活を送ることができています。

眠気をずっと感じている方がいたら是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:togiwa IT企業勤務の社会人2年目。 最近、自分が「内向型人間」だと気づき社会人向いていないなと感じています。 「個人で稼ぐ力」を身につけるためにブログ運営を行っています。 ラーメンと猫とロック系の音楽が好きです。