Coincheck(コインチェック)のLiskステーキングサービスでいくら報酬を受け取れたのか公開します。

こんにちは、togiwa(@togiwa3)です。

みなさんはCoincheckのステーキングサービスをご存知でしょうか?

Liskという仮想通貨に限るが、毎週水曜日にLisk保有者に対し、報酬を付与してくれるサービスです。

持っているだけで資産が少しずつ増えていくのがこのCoincheckの新しいサービス、醍醐味です。

ではこのステーキングサービスについて詳しくみてみましょう。

Liskとは?

Liskはビットコインなどといった仮想通貨の1つで2016年に誕生しました。

DAppsという分散型ブロックチェーンアプリケーションで中心となる管理者がいないことが特徴として挙げられます。

また開発がJavascriptという世界でもよく使われている言語なので、色んな技術者がLiskの開発に携わりやすいです。

ステーキングサービスとは?

ステーキングサービスは、特定の仮想通貨(コインチェックでいうLisk)を保有していることで、報酬を受け取ることができる仕組みのことをいいます。

インカムゲインという言葉を聞いたことがあると思います。資産を保有していることで継続的に収入を得ることができます。

Liskのステーキングサービスについては、コインチェックのホームページから引用しています。

 

本サービスは、CoincheckでLSKを保有しているお客様に対し、当社がデリゲートへ行う投票(Voting)の報酬を保有量に応じて付与するものです。DPoSというコンセンサスアルゴリズムの仕組みをもつLiskネットワークを対象とし、当社の預かり資産の一部を利用してLiskネットワークのデリゲートへの投票を実施いたします。当社が投票したデリゲートが上位101位までに選出された場合、デリゲートが受け取るForging報酬の一部を投票の報酬として当社が受領し、CoincheckでLSKを保有しているお客様に対して、保有量に応じて付与いたします。

(参考:コインチェックステーキングサービスのお知らせ

 

保有量に応じてLiskが付与されるので、たくさん保有しているほどお得です。

ステーキングサービスを受けれる条件とは?

ステーキングサービスを受けられるのは以下の条件に当てはまる人です。

 

・Coincheckの「取引アカウント」にて1日あたり平均10LSK以上保有しているもしくは「貸仮想通貨アカウント」にて貸出中でないLSKを1日あたり平均10LSK以上保有している

・付与実施時点で当該アカウントが通常通りご利用いただける状態となっている
(参考:コインチェックステーキングサービスのお知らせ

基本的に10Lisk以上を所有していればステーキングサービスの対象となります。

今現在は1Lisk113円なので日本円にして1000円ちょっとをLiskに換えれば、ステーキングサービスを受けることができます。

Lisk報酬を受け取りました

2020年1月22日にステーキングサービスとしての初報酬を頂きました。

ちなみに僕の現在のLisk所有数は以下です。

 

約270Liskを所持しています。日本円でおよそ30500円です。(1Lisk=113円 2020年4月時点)

そこでもらった報酬は以下です。

 

 

約0.02Lisk。。。

日本円にしておよそ2円。。

 

togiwa
思ったより少ないなぁ...

 

月換算すると10円弱もらえて、年間だと100円前後もらえる計算かな。(僕の所持しているLiskだと)

年利に直すと約0.3%

まぁ銀行の金利よりかは高いくらいです。

付与されるLiskは少ないけど貰える分だけありがたい。

週によって変動する

毎週同じ値をもらえるといったら違います。

こちらをご覧ください。

 

 

赤枠は一番少ない週で0.01Liskに対して青枠は一番多くもらえた週で0.03Liskというように週によってもらえる額が異なります。

 

まとめ

現在のLiskは113円ですが、一時期2000円以上も高騰したこともありました。

これからもっとLiskの価値が上がることを期待して買い増ししようかな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:togiwa IT企業勤務の社会人2年目。 最近、自分が「内向型人間」だと気づき社会人向いていないなと感じています。 「個人で稼ぐ力」を身につけるためにブログ運営を行っています。 ラーメンと猫とロック系の音楽が好きです。